英語力を生かせる職業とは?

海外に興味を持ったり、英語自体に興味を持ったりなどで英語力を生かした求人を探したいという人もいるでしょう。英語は世界共通言語とも言われていますので、世界各地で使われている言語と言ってもいいでしょう。今回は今まで培ってきた英語力がそのまま生かせる職業について解説していきます。

異なる言語間でやり取りをする通訳士

通訳士通訳士は英語と日本語のように異なる言語の人たちとやり取りをするために、これらの言葉をお互いネイティブで使っている言葉に訳す仕事です。日本人についている通訳であれば、こちらがしゃべっている言葉を相手に伝えるために英語でしゃべって、相手がしゃべっている英語を日本語に置き換えるわけです。通訳とは言っても様々なジャンルに分かれます。

  • 国際会議
  • 会議通訳
  • 商談でのビジネス通訳
  • 来日する芸能人やスポーツ選手などの芸能・スポーツ通訳

通訳士といっても上記のように色々なジャンルがあります。

外国語の文章を日本語にする翻訳家

翻訳家は外国語で書かれている文章を日本語に訳した文章を起こすというのが仕事です。外国語の理解力と共に、日本語での表現力を要します。専門的な知識が要るような翻訳を行う場合にはその分野における専門的な知識が無いと全く頓珍漢な文章を書いてしまう可能性があります。ジャンルとしては文芸作品を扱う文芸翻訳や企業および研究者向けの実務翻訳、映画などの映像翻訳の3種類に分かれており、一番ニーズが高いのが真ん中の実務翻訳になります。

日本から旅行に来る人をガイドする海外ツアーガイド

海外ツアーガイド海外ツアーガイドは日本で仕事をするのではなく海外で働くことになり、日本から旅行で海外に訪れている人に対してガイドを行う仕事です。具体的には観光案内をしたり、空港でお出迎えをしたりするというサポート業務がメインで、現地についていろいろと聞かれることがあるでしょうから現地のことについて熟知しておく必要があるでしょう。添乗員がいないツアーの場合は添乗員としての働きも求められることがあります。

海外からの観光客を相手に日本のことについて紹介する通訳案内士

通訳案内士は日本人を相手にするのではなく、日本に居ながらにして海外からの観光客を相手にします。海外からの観光客を相手に日本のことについて外国語で案内をするわけですが、相手の国のことを知ったうえで日本の文化や伝統と言ったことを紹介するわけです。ガイド役をするだけでなく、スケジュールの管理など添乗員の仕事を兼ねることもあります。

貿易会社で勤務する貿易事務

貿易という言葉からわかるように貿易会社に勤務して、商品の輸出入に関する書類作成や事務作業を行うスタッフである貿易事務の仕事は英語を使うことが多いです。海外の企業とお付き合いをしていますので、英語で読み書きをする必要がありますし、外国為替などの専門知識も必要になります。

海外に進出する日本企業で働くという道もある

海外に進出する日本企業
英語力が活かせる職業として日本企業という選択肢もあることをご存知でしょうか。日本企業の中でも海外に進出しようとしているところについては少なくとも英語ができる社員を求めています。現地に行っていろいろと交渉をするということもあり得ます。自分が条件が合っているのであれば、ぜひともそういう求人に応募してみてはいかがでしょうか。

日本でも英語力が活かせる仕事はある

英語力が生かせる仕事がしたいのであれば、海外で働くのか、日本語で働くのかをまず決める必要があります。それからどういう仕事がしたいのかを決めるといいでしょう。

英語力が活かせるお仕事探し

英語力が必要な求人が盛りだくさん!あなたの英語力を活かせるお仕事見つけてみませんか?